応援クリック・コメントありがとうございます♪

常に上位です^ ^
やる気につながります^ ^

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬コラムへ

 

競走馬って、自分がレースで出ている事を分かっていると思いますか? これはかなり気になる疑問ですよね。 自らの意思で走っているのか、ただ走らされているだけなのか・・・ 今回はその疑問を探って行きましょう!

【競走馬は自分が「競争」している事を分かっている?】 これは議論が分かれる所だと思います。 もちろん、競争している事を分かっていない馬もいるでしょう。 しかし、サラブレッドには闘争本能が予め備わっているおり、 他馬と併走する事でその闘争心に火がつき、自らが先頭に立とうとする習性があります。 これはレースを見ている時にも感じことがあるのではないでしょうか。

ラストの直線で一度差された馬が、盛り返して差し返す。 一度抜かれそうになった馬が、追いつかれたことによってまた盛り返す。 レースではこのような展開になる事が多々ありますよね。 それは、馬の闘争心に火がついたからなのです。 本来、野生動物は敵(捕食者)から逃げる為に全力で走ります。 それは自らの命が危険に晒されたことによって、生きる為に全力で走るのです。 それ以外では当然、全力で走る理由はありませんよね。

しかし、サラブレッドは調教によって「全力で走ること」を訓練されています。 それと同時に闘争心を養うことも日々訓練されているのです。 またそれを可能としているのが、馬の知能の高さです。 レース中は騎手が馬に騎乗し、コースやペース配分を誘導しながら走行します。 仮に、騎手が騎乗していなかった場合、馬はコースを走らないと思いますか? その答えはYES、NOどちらでもあります。

それでは、レース中に騎手が落馬した時のことを想像してみて下さい。 騎手を振り落した全ての馬が、途中で走ることをやめてしまっていますか? もちろん、すぐに止まってしまう馬もいれば、コースから逸れてしまう馬もいるでしょう。 ですが、カラ馬になった状態でも最後まで走り抜く馬もいますよね。 それは馬自身が「自分は今競争している」と自覚しているからなのではないでしょうか。 さらに言ってしまうと、ラストの直線では騎手が馬にムチを入れ加速をを促しますよね。 ただ、これにも大きな疑問があるのです。 ムチを入れられれば、どの生物であっても痛みを感じます。 ですが、「痛み=速く走る」には繋がらないのです。 馬は約500kgの体重があります。 一方、騎乗している騎手の体重は約60kg前後です。 体重差にして、約10倍も違うわけです。 これほどの違いがあれば、馬にとって人間は「自分よりも小さな生き物」です。

人間に対して恐怖心などは一切持ち合せていないでしょう。 この時、馬がムチの「痛み」に腹を立てたのなら、自分よりも小さな騎手を振り落してしまってもいいわけです。 でもなぜ、それをしないのか。 それは、自分がレースに出走しているのを分かっていて、 レースにおいて「ムチが入る=全力で走る」と認識しているからではないでしょうか。 レースの開始合図となるゲート入りに関しても、不思議だと思ったことはありませんか? なぜゲートが開くと走り出すのか。 もちろんそれは調教されているからですが、「ゲートに入る」→「ゲートが開くとレースが始まる」と 馬自身が認識していないと、ゲートが開いた瞬間に走りだすのは難しいと思われます。 さらには、レースを走っている自覚が無ければ、 ゲートから出ない馬や、ゲートが開いた瞬間に歩き出す馬が複数いても不思議ではないはずです。 なぜそれをしないのはなぜか。

それは他の馬が一斉に走り出すことで、馬自身が「レースが始まった」と認識しているからと言えるでしょう。 また調教では「併せ馬」と呼ばれる他馬と並走させる調教方法が存在します。 その調教によって、馬の闘争心も日々鍛えられているわけです。 以上の理由から、「馬は競争している事を認識している」と言えるのではないでしょうか。

 

【馬が「レースを認識している」と感じるエピソード】 馬がレースを認識していると感じるエピソードを2つほどご紹介します。 まず、伝説の名馬ディープインパクトのエピソードです。 ディープインパクトは菊花賞に出走した際、スタンド前に差し掛かると自らの意思で加速を始めたそうです。 動画を見ても分かりますが、騎乗した武豊騎手が必死に手綱を抑えて減速を促しています。 これはゴール板が見えたことで、「ゴール板が見えた=スパート!」という認識を、 ディープインパクト自身が認識していたと言っても良いのではないでしょうか。

次にオグリキャップのエピソードです。 オグリキャップはレースに負けた悔しさから、その場を動かなかった事があると言われています。 自分の敗北を悟り、悔しがる。 それはもう、レースを理解していると言えるのではないでしょうか。 このほかにも、競走馬が「競争」を認識しているエピソードは多々存在します。 今後はレースを見る際にも、そのレース中だけでなくレース後の馬の挙動にも注目して見たいですね。